神楽坂の地、永井荷風がその随筆中で自らの好みの坂と紹介した赤城坂。
その梺の、白壁を焦茶の縞木が覆う外観の、寛いだ雰囲気のギャラリー。
様々なジャンル、魅力溢れる作家の展観が開催されている展示スペースと、
陶・ガラス・木・金工など、垂涎の作家作品を多数並べる常設スペースの、
2つの空間を併設してご覧に入れております。
7月4日〜9日 ふせはづき 陶展「interrlude」
7月18日〜23日 飯田桜子 ガラス展
       ー手のひらに望む景色ー
展観情報・スケジュールにつきましては
 instagram「gallery坂」
 blog「坂日和」
 を併せてご参照ください。

現在、展観毎に営業時間を設定しております
詳細は上記インスタグラム及びブログにてご確認ください

展示のご希望、お気軽にお問い合わせください
instagram「gallery坂」随時更新中です